参宮街道かいわい/コレクション 建物
古市の繁栄を伝える老舗旅館

麻吉歴史館 あさきちれきしかん

 江戸時代、お伊勢参りの精進落としの場として賑わった古市の面影を伝える老舗旅館「麻吉」。土蔵を改装した麻吉歴史館には、古市の隆盛を伝える九谷や伊万里の大皿をはじめとする豪華な食器や金屏風、掛け軸などが並ぶ。傾斜地に懸樋造りで建つ館内の構造も見どころで、近年は古い建物や神宮参拝に興味を持つ若い客も多い。

●住所/伊勢市中之町109
●電話/0596-22-4101
●館長/上田聖子
●休館日/不定休
●交通/伊勢市・宇治山田駅から三重交通浦田町行きバス、中之町下車
※食事・宿泊客のみ公開
※ホームページ http://members.at.infoseek.co.jp/asakichi_/

 

参宮街道かいわい/建物
伊勢を代表する切妻妻入り建築

小西萬金丹 こにしまんきんたん

 胸やけや腹痛など万病に効く“お伊勢さんの霊薬”として参宮客の人気を呼んだ漢方薬の老舗(現在は健康食品として販売)。延宝四年(一六七六)の創業時と同じ切妻妻入り建築の店舗の一部屋で往時の製薬道具を展示しており、漢方を調合した薬研や壺、江戸時代の時計、温度計などが昔と今を静かにつないでいる。

●住所/伊勢市八日市場町1-20
●電話/0596-28-2647
●館長/小西清香
●休館日/無休
●時間/9時〜17時
●交通/伊勢市駅から徒歩約10分

 

参宮街道かいわい/建物
ゆったりとした時間と空間に憩う

ボンヴィヴァン

 赤い瓦屋根とレンガ組みの白壁が美しい洋館は、元は東京中央郵便局など近代名建築を手がけた吉田哲郎の設計による大正時代の建物。天井が高くてゆったりした雰囲気のフレンチレストランとブラッスリー、ティールームの三部屋があり、それぞれに河瀬オーナーシェフ夫妻が集めたアンティークな調度品や雑貨が彩りを添えている。

●住所/伊勢市本町20-24
●電話/0596-26-3131
●館長/河瀬 毅
●休館日/月曜日および日曜日の夜。ただし月曜が祝日の時は火曜日および月曜日の夜
●時間/9時〜20時30分
●交通/伊勢市駅から徒歩約5分
※喫茶代360円〜
※ホームページ http://www.bonvivant1983.com

▲このページのトップへ 

 

参宮街道かいわい/ものづくり(伝統工芸) モデルショップ
新たな表現を生み出す和紙

伊勢和紙館(大豐和紙工業) いせわしかん(たいほうわしこうぎょう) 

 神宮をはじめ全国の神社のお札に用いる和紙を製造する大豐和紙工業。その敷地内に建ち、多彩な伊勢和紙とともにその歴史や特徴を展示している。近年はインクジェットプリンタに対応する特性を活かして写真や書画のプリントの普及にも尽力。素材の新たな表情を引き出す、素朴で温かみのある和紙の魅力にふれられる。

●住所/伊勢市大世古1-10-30
●電話/0596-28-2359
●館長/中北喜得
●休館日/土・日・祝日(第2土曜日と併設する伊勢和紙ギャラリーの展覧中は開館)
●時間/9時30分〜16時30分
●交通/伊勢市駅から徒歩約10分
※ホームページ http://www.isewashi.co.jp/

▲このページのトップへ 

 

参宮街道かいわい/ものづくり(伝統工芸) モデルショップ
伊勢の籐細工の伝統を受け継ぐ

籐商玉屋 とうしょうたまや 

 丈夫で、軽くて、長持ちする籐の乳母車を、初孫に贈る…。伊勢にかつてあった風習を支えてきた籐商玉屋の、最後の籐職人が玉村裕子さん。編む・結ぶ・巻く技術を施しながら二〜五日ほどかけて仕上げる籐車は、膨らみ編みなど伊勢ならではの意匠が美しい。技術の継承にも力を入れており、多彩な籐手芸の体験や教室がある。

●住所/伊勢市宮町2-1-1
●電話/0596-28-6235
●館長/玉村裕子
●休館日/不定休
●時間/9時〜18時
●交通/伊勢市・宇治山田駅から三重交通宮川中学校前行きバス、宮町下車

▲このページのトップへ 

 

参宮街道かいわい/ものづくり(伝統工芸)
手のひらに「いのち」を収める

伊勢根付彫刻館 いせねつけちょうこくかん 

 江戸時代、印籠や煙草入れにつけていたミニ彫刻の根付。花鳥風月すべてがモチーフで、その精巧さと遊び心は見るほどに味わい深い。使ううちに磨かれてさらに美しくなり、現在も携帯ストラップやキーホルダーとして密かな人気がある。三重県文化功労賞を受賞した中川忠峰さんの工房である同館で、その技と作品にふれられる。

●住所/伊勢市上地町1358-1
●電話/0596-25-5988
●館長/中川忠峰
●休館日/火曜日
●時間/10時〜15時
●交通/伊勢市・宇治山田駅から三重交通世古・早馬瀬口行きバス、掛橋下車
※要予約

▲このページのトップへ 

 

参宮街道かいわい/コレクション
伊勢電が走っていた時代を偲ぶ

伊勢電山田西口駅記念室 いせでんやまだにしぐちえききねんしつ

 昭和五年、伊勢まで延伸した伊勢電鉄本線の山田西口駅があった場所で、駄菓子屋を営む松月清二さんが開設した。店内の壁に当時の伊勢電や駅周辺のさまざまな写真や時刻表、新聞記事などが飾られている。当時の運行状況や特急が走っていく様子などを、大正十五年生まれの松月さんが生き生きと語ってくれる。

●住所/伊勢市二俣2-5-43
●電話/0596-28-4538
●館長/松月清二
●休館日/無休
●時間/8時〜16時
●交通/伊勢市・宇治山田駅から三重交通大倉うぐいす台行きバス、辻久留町下車

▲このページのトップへ